診療内容

こちらでは、朝日が丘整形外科で診療可能な症状をご案内しております。この他の症状についても、まずは一度お問い合わせください。

当院で診療可能な症状

首の痛み

首の痛み

・頚椎椎間板(けいついついかんばん)
・ヘルニア頚椎症(けいついしょう)
・頚髄症(けいずいしょう)
・ねちがえ…etc.

患部の安静が重要になってきます。神経の回復のために消炎鎮痛剤といった内服薬と、頚椎牽引器で治療を行います。

怪我

怪我

・骨折・捻挫・脱臼・打ち身・肉離れ…etc.

ぶつけたり、関節を捻ったりした際に腫れや痛みが強い場合、レントゲン検査や超音波検査が必要です。捻挫や脱臼、肉離れなどは程度によって、ギプスでの固定や手術が必要になってきます。

腰痛

腰痛

・頚椎椎間板(けいついついかんばん)
・ヘルニア頚椎症(けいついしょう)
・頚髄症(けいずいしょう)
・ねちがえ…etc.

強い腰痛やお尻付近の痛みや、太ももや足のしびれ、痛みが特徴です。軽い時は消炎鎮痛剤の内服や牽引が有効ですが、強い痛みの場合は、神経の近くに薬剤を注入する注射や手術が必要となります。

肩の痛み

肩の痛み

・肩こり・五十肩
・胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)…etc.

これらの治療は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の内服と、筋肉への電気刺激や温熱療法で血流の改善を狙います。筋肉の緊張を治療器で和らげていきます。

膝の痛み

膝の痛み

・靱帯損傷(じんたいそんしょう)
・半月板損傷(はんげつばんそんしょう)
・ジャンパー膝・ランナー膝・鵞足炎(がくえん)
・変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)…etc.

ギプスによる固定、治療器など、症状や疾患によって治療内容は変わってきます。痛みがひどい場合や、歩行障害のある場合は、手術による治療が必要になってきます。

しびれ

しびれ

・頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア
・肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)
・手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)
・外側大腿皮神経障害(がいそくだいたいひしんけいしょうがい)
・総腓骨神経障害(そうひこつしんけいしょうがい)…etc.

しびれとは神経に血が流れなくなったことを指し、神経が圧迫されることで、様々な症状を引き起こします。内服薬、治療器を使って神経の回復を早めます。

骨粗しょう症

骨粗しょう症

お年寄りの方が腰痛や転倒で骨折を起こさないように、骨密度を測定し、骨粗鬆症の治療を行います。骨粗鬆症学会が推進している、腰の骨と大腿骨で骨密度を測ります。

子どもの病気・怪我

子どもの病気・怪我

・頚部痛・腰痛・股関節痛・成長痛
・小児期のスポーツ障害・肘内障

お子様の場合、成長期に起こる痛みもあり、同じ疾患でも症状の軽いものから重いものまで、様々です。
詳しく検査いたしますので、まずは一度ご相談ください。
TEL:0561-64-2123

診察の流れ

STEP 1
ご予約について

朝日が丘整形外科では、ご予約は不要です。
外来患者様が多い際には、緊急の方を優先して診察させていただきます。
申し訳ございませんが、その場合は一般の方には少し、お待ちいただくこととなります。

STEP 2
受付

何がお困りで来院されたのかをお伺いし、問診票に書いていただきます。
ご自身の身体の中で少しでも不安に思う所、心配なことがあればどんなことでもお伝えください。

STEP 3
診察・検査

診察を行い、検査に進みます。
X線写真、一般血液検査、検尿…etc.
検査内容は、症状によって変わってきます。

STEP 4
説明・治療

検査結果をご説明させていただきます。
検査の結果によって、治療方針を決めていきます。
MRI検査やCT検査や、高度な手術がどうしても必要な場合は、近隣の中核病院と連携をとり、紹介状を出させていただきます。